借入の順番

借入をしたいと思ったとき、どの順番で借りるのがいいでしょうか?

日本には約6000もの金融業者がありますが、それらは大きく5つのカテゴリに分けられます。

A.銀行系(本来の銀行、信販会社、銀行が出資して作ったモビットなど)、B.消費者金融連絡会系(アコム、プロミスなど6社)、C.準大手系(ディック、ネオラインキャピタルなど)、
D.中堅系(ノーローンなど)、E.地域密着系(ほぼ消滅)

順番としてはAから順にいくのがいいです。金利もAが一番低く、
下に行くほどだんだん高くなります。借入金額や借入先が少なければこの順でいいのですが、
おまとめローンとなると、順番を逆にすることも考えなくてはなりません。
つまりEから順に検討するということです。

できるだけ金利の低いところでまとめたいのが人情なのですが、
借入先が多いと、銀行系では審査でほぼ落とされます。
年収350万円くらいの人なら3件以下にとどめたいところです。

また、借入金額については、年収400万円の人なら200万円くらいが限度でしょうか。
年収が400万円行かなくても、貸してくれることはありますが、
おまとめしたい金額に届かないことが多く、50万円まで、というのが一般的です。

最難関の銀行にいく前に、それより少しランクが下のところでひとまずまとめて、
借入金額と件数を減らし、その上で銀行系に改めて申し込むのが、地道で無難な方法だと思います。

銀行系も他のところと同じで、着実に遅延なく返して信用が上がれば
借入可能枠を広げることができるので、最初は少ない金額で申し込んでおいて、
今後のために確保しておく、というのも手です。

借金完済という最終目標を見据え、決して諦めないで頑張りましょう。


目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方