総量規制の対象

何が総量規制の対象で何が対象でないかはよく理解しておく必要があります。

最も重要なものとして挙げられるのは、銀行からの借入は対象外だということ。

対象になるのは貸金業者のみです。融資をするということは銀行の重要な業務ですが、
銀行は「貸金業者」ではありません。「貸金業者」のカテゴリに入るのは消費者金融会社、
信販会社、商工ローンなどの事業者金融会社、クレジットカード会社です。

間違えて欲しくないのは、銀行そのものから借りるローンと、
銀行“系列”の消費者金融から借りるのとでは扱いが違う、ということです。
例えば、新生銀行のおまとめローンは銀行本体から借りるので対象外。
しかしその系列グループ企業のレイクから借りると、あくまで「系列」であって
「銀行」ではないので、規制の対象となってしまいます。

その他に規制の対象外・除外・例外となるのは、クレジットカードを使っての買い物、
住宅ローン、緊急医療費、不動産や自動車などの担保ありのローン、手形割引などがあります。
意外に多いですね。

お金を借りる前にこの辺のことをよく頭に入れておきましょう。


目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方